住宅の状況に合ったタイミングで住宅診断を受ける
ロゴ

Real estate-net

安心・安全の住宅に住むために一度は住宅診断をしてみよう

住宅の状況に合ったタイミングで住宅診断を受ける

家族

住宅診断をするタイミング

住宅診断をするタイミングとしては、新築ならその住宅を契約する前に行ないましょう。高い費用を出して長年住む住宅を手に入れるわけですから、入居後に欠陥が見つかってしまった!という事態を防ぐことができます。耐震診断と合わせて行えばより安心です。

男女

住宅診断をしておけば安心

自分が現在住んでいる住宅や利用している建物を診断する方も増えています。更に、これから中古物件の購入を検討していたり、物件を売り出す場合に行うケースもあります。事前に行うことで取引もスムーズに安心して行うことができます。

住宅診断と耐震診断の違い

住宅診断

住宅診断は、住宅や建物の今の状態がどのようなものかを知るために行ないます。以前に施工された工事の精度や品質をチェックします。それを元に、今後どのようにすれば安全に建物を維持できるのかのアドバイスを受けます。

耐震診断

耐震診断は、地震や災害に対する建物の耐震性を計ります。その結果を元に、災害による被害をどう防いでいけばよいか・修繕したほうがいい場所のアドバイスを受けます。

広告募集中